いま話題!?ランニングが激安~!ブラックポラールが人気 2017年度

うち一回は両製品同時に使用してみました。一度寝ている時にもつけていたらすごく手が痺れましたのでそれ以降は就寝時のみ外しています。。

10月16日 オススメ商品!

2017年10月16日 ランキング上位商品↑

ポラール ブラック ランニング心拍ベルト不要!!POLAR(ポラール)M200 ブラック(光学式心拍計GPS搭載)[手首型心拍系][ランニング]

詳しくはこちら b y 楽 天

手首で測るタイプは2台目ですが、結果はパソコンに繋ぐだけで記録でき簡単しかも分かりやすい。ベルト、本体ともに使用後は水洗いできますので清潔です。表示盤は見やすい、トレーニング時2段表示なので、時間と心拍数のま時計が見えると尚良いですね。メールやSNSの着信は、お知らせ機能が有りますが表示先の指定はできないようです。心拍計測は途切れることありませんでした。日本語対応してませんので日本語表示しません。また!出来れば永く使いたいので新品時で連続6時間持続のバッテリーそのものの寿命も少し気になります。HRavg151(152)HRmax168(167)Distance13.54km(13.49)GPSは場所によって多少振らつき、建物の影響か、コース隣の川の上を走っていたりします。Fitbit CRからの乗り換えで!スイム(トライアスロン)にも使えるGPS心拍計つきを探して購入ジムのトレーニング時に心拍計使う程度なら一週間バッテリー持ちます!FBは毎日チャージ必要でした。GPS機能と心拍計だけに期待して購入しましたが!それ以外の機能もすごく充実していて大満足してます。M200の心拍計はなるべく数字を出すようにしてあるのか「00」表示とかにはならず!例えば腕に巻かず机の上で計測しても100前後を表示したりもします(笑)自分の場合は緩く巻くと高めの数値になりました。十分使える印象です。※その時のデータの一部。早速ランニングで二回程使ってみました。。座りっぱなしだと「動け!」ってサインをくれるし!ランニングをした後はコースを動画にしてくれるし。多機能でまだ使い方が良く解りませんが最低限の事は!フィーリングで操作できると思います。たまにありました)胸ベルトがズレるのが嫌で呼吸を抑えて走っていたり・・・全く本末転倒です。とは言え地図上に記録されるのはちょっと楽しく!ラップを切った交差点等の場所とか覚えなくて良いので楽ですし!何より心拍計GPS受信器が必要ないのは凄く身軽で明らかにこちらの軍配です。結果は良好で想像したよりも全然正確でした。。今までは(計測が不安定な日など。コスパ良すぎ!コストパフォーマンスが高いと思います。ただ日本語表示がないのはザンネンでした---------------------------------アウトドアーモード(サイクリング・登山)で使うのですが3〜4時間しか使えないのがザンネン4→3マラソンの練習に使ってます!常に心拍数を見れるのでペース配分しやすいです。RS300と同等の数字を出すにはキッチリ巻く必要がありました。(→手首を曲げるとやや窮屈な位)後は冬ですね、、、説明だと手が冷えている時は心拍計の反応が鈍いらしいです。今まで5年間位くらいRS300Xを使っていて、まだまだ使えるのですが心拍ベルトが不要な事やその価格の魅力に抗えず、マラソン(お買い物の方です)のタイミングでつい買ってしまいました。トレーニング後に、データをスマートフォンに落とし、専用アプリで心拍数やペース、距離、標高差などを分かりやすく見ることができます。トレーニングが更に楽しくなりました!はじめての心拍計付き腕時計ですが、とても簡単で使いやすく満足しています。この価格でこの機能なら満足です。5キロ、10キロのランニングと3時間程の登山で使用。カッコ内はRS300X。ベルトが蒸れるので緩めに巻くほうが良いと思います。